So-net無料ブログ作成
検索選択

菊まつり [日記]

SH3F0013.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2011さっぽろ菊まつり(地下歩行空間北3条) 

10月31日~11月3日まで

札幌の地下街を会場に菊まつりが開催され

丹精込めた大輪の菊が並びました。

SH3F0009.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

        人の背丈ほどの菊がずらり・・・

文化・芸能ステージも設けられていて

さまざまな日本の伝統芸能が披露されていました。

着物の着付けやお琴の演奏、日本舞踊・詩吟など。

SH3F0021.JPG

 

 

 

 

 

 

 

子供たちによるお琴の演奏~「里の秋」「上を向いて歩こう」♪など 

↓各流派の生け花も展示されていました。 

SH3F0011.JPG

SH3F0014.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SH3F0017.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

                 ~金賞受賞作品~

さっぽろ菊まつりは今まで行ったことがなかったのですが 

今年はrenrenのお友達Sさんがお着物を着て

この会場のステージで詩吟を披露するというので

観に行くこととなったのです。 

Sさんはこの日のために着方教室で練習を重ねてきました。

教室の先生やウィルのスタッフ達も

お仕事の後に一緒に応援に行ってくれました[バス](皆さんありがとうです[ハートたち(複数ハート)]

SH3F0001.JPG

 

 

 

 

 

 

 ~東峰灯吟舎東峰流の皆様~

「菊花」「時計台」「雨にも負けず」「武田節」など演奏

知人が出るってこっちも緊張するものなんですね[ふらふら]

そんなこちらの勝手な緊張をよそに

友人はとても勇ましく[exclamation&question]素敵でした(お着物も!!)

今日も演奏があると聞いて行ってきたのですが

前回より着物の着方がパーフェクトで素晴らしかったのです[黒ハート] 

本人も「今日のほうがもっと綺麗に着れたわ~[わーい(嬉しい顔)]」と嬉しそうでした。 

本当に頑張って着方を練習してきたのを見てきたので

嬉しくてたまりませんでした[るんるん] 

着物は繰り返し着ることが一番の上達法なんですね[グッド(上向き矢印)]

もともと10年以上も前からの知り合いでしたが

着物を習いに来てくれるようになったここ数年間で

ぐ~んと近しい友達になれたんです。

実はつい先日、16~7年連れ添った愛犬「しんちゃん」 を

天国に送った悲しみをこらえての舞台でした・・・

頑張ったねSさん[もうやだ~(悲しい顔)]本当にお疲れ様でした [exclamation×2] 

SH3F0015.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SH3F0016.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

            ~金賞受賞作品~ 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

秋の道 [日記]

中島公園秋.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 朝日がふり込む中島公園(北口)

愛車びゅんびゅん号に乗って

ほぼ毎日札幌の九条通りを走り抜けます。

自宅から職場までの

ちょうど中間くらいに中島公園があります。

今朝もまっしぐらに走りぬけようとしたら

二人ほどカメラで公園を撮影していたので

ちょっと目を向けてみると

イチョウの独特の香り(臭み?)とともに

美しいイチョウ並木が目に飛び込んできました。 

思わず引き返してrenrenもにわかカメラマンになりました。[phone to] (携帯ですけど) 

写真が下手なので伝えられませんが・・・ 

朝日が差し込んだイチョウ並木は

まるで外国の風景のようでした[目]

撮影していた若い女性と壮年の方は

何やら望遠のついた立派なカメラで

アングルを変えながら本格的に写していました。[カメラ] 

こうしていつもじっくりと自然を見つめて

カメラに収めているのだろうなぁ・・・[目]

なんだか景色と同じくらい撮っているお二人も素敵に見えて

感心しながら

「遅れる遅れる[あせあせ(飛び散る汗)]」とびゅんびゅん号に飛び乗りました。

もう少し余裕を持って出ればあわてることもないのですが[ふらふら]

今年の秋はゆっくりと穏やかに深まっているようです。

自分の人生もまさに秋の入り口かな・・・

こんな風に穏やかに深まっていきたいものです[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山ぶどうジュース [日記]

SH3F0002.JPG

   札幌家族」の山ぶどうジュース

   (左500mℓ1900円、右1ℓ3400円)

 

アルコールに弱いrenrenが

昨年から愛飲している飲み物です[バー][黒ハート]

お着物友達のNさんから

「このぶどうジュース飲んでみて[exclamation]普通のと全然違うから[exclamation]

と、飲ませてもらって以来、惚れ込んでいる飲み物です[るんるん]

毎日欠かさず飲んでいます[バー][目]

産地は北海道の余市[バー]

『変わり者』と言われるほどの生産者が

こだわり抜いて作っているものだそうです[耳]

山ぶどう100%!ものすごく濃い~です!

だからごくごくは飲めません。 

(濃縮ジュースではなく純生ジュースです)

写真右の1リットル瓶が

renren宅の冷蔵庫にいつもあります。

養命酒のように毎日ちょこちょこ飲んでます[バー]

(1ヶ月くらい持ちます) 

普通のぶどうジュースとはホントに全然違うんです[目] 

甘み・酸味・渋みの三拍子が揃い

昔懐かしい味でもあります。

なんと一般的なぶどうの役9倍のポリフェノールと

6倍の鉄分とのこと[目] 

美容健康に良いと言われても

あまりワインを飲めない方には特にお勧めです[目][手(チョキ)]

山葡萄.jpg

             山ぶどう↑ 

ヨーロッパでは昔からぶどう果汁は「畑のミルク と呼ばれ

ぶどうだけを数日間食べ続ける「ぶどう療法」もあるそうな。

肝臓腎臓・泌尿器の病気の治療に用いられ

腎臓結石・胆石・痛風・胃の疾患・下痢・便秘にも良いそうです。

短時間に体力を回復させる効果や

腸内の善玉菌を増やし悪玉菌を抑制して

美肌効果も期待できるとのこと[グッド(上向き矢印)][グッド(上向き矢印)]

疲れた時にこの酸味はたまらないです[るんるん] 

他にりんごやトマトジュースもあって

どれもとても美味しいです[るんるん]

札幌市内へは配達もしてくれますし

地方へも配送してくれるので

興味のある方、飲んでみたい方は 

下記に問い合わせてみて下さいね [電話]

 

”プレミアム食材”札幌家族 

   sayuri nakamura     中村さゆり 

〒007-0867

札幌市東区伏古7条4丁目5-18

TEL/FAX:011-786-5532

携帯電話:090-4872-6134

E-mail  rucchimama@gmail.com 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小樽 [日記]

renrenが小学校2年生まで育った街 

大好きな小樽に

今日はお仕事で行く機会を与えられ

朝早くから着物を着て出かけました[カバン]

クリーム色の小紋に菊柄の帯にしました。

自宅から札幌駅までバスで30分

札幌駅から高速バスで1時間

JRよりのんびりバスで行くほうが好きです[バス]

紅葉.JPG 

車窓から見る景色はもうすっかり秋色でした・・・

小樽駅.JPG 

小樽駅は改修工事中なんですねぇ~

地獄坂.JPG 小樽警察署 (2).JPG

駅裏の地獄坂です(小樽警察署前)

実はrenrenの息子が10月からこのあたりに住んでます[右斜め上] 

ちょうど良い機会なので

お世話になっている寮母さんに挨拶に行くことにしたんです[目]

しかしさすがに地獄坂・・・5分ほど歩いただけで汗ばみましたぞ[あせあせ(飛び散る汗)]

偶然ですがこの地域はrenrenの育った街でもあります[かわいい]

ちょっとノスタルジー・・・でした。

以前ブログにも書きましたが

この近くにrenrenの大好きだった

富岡カトリック教会幼稚園があるんです。

この土地に縁があるのかな[ぴかぴか(新しい)] 

小樽 カトリック富岡教会.jpg

さて着物姿のrenrenを見て

寮母さんは終始大感激して下さり

しばらく着物の話しばかりで・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

「私も着物が好きで昔は高いもの良く買っていたのよ~!!・・・」[わーい(嬉しい顔)]

「また着物で来てくださいね~」[揺れるハート][ハートたち(複数ハート)][わーい(嬉しい顔)] 

結局、最後まで着物の話しでした[あせあせ(飛び散る汗)]

着物姿と言うだけで喜んでもらえたり

会話が弾むことがよくあります。

きものは魔法の力を持っているのかな?

 

藪半そば.JPG

小樽駅前の長崎屋の南側

歴史あるお蕎麦屋さん「藪半」でお昼を食べました。

ウィル本社(苫小牧)の「きものdeランチ」会場です。 

ここで苫小牧に転居されたお客様と再開して

その後小樽バインで喫茶をしました。

お友達もご一緒だったので

3人でおしゃべりタイム[黒ハート]

新しい出会いに感謝でした[グッド(上向き矢印)]

藪半 割子そば.jpg

↑renrenは3段割子そば食べました。

kare-donn.jpg 

 ↑カレー丼は別名やみつき丼と呼ばれおいしいそうです!

かきあげせいろ.jpg 

店内ではかきあげせいろを注文している人が多かったです。

 

藪半.JPG

それにしても1954年創業のお店「藪半」

次々と人が入り、帰る頃には外までびっしり待ち人が・・・

恐るべし・・・小樽 「藪半」でした[パンチ]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

凛と咲くひまわり [日記]

コスモス&ひまわり.JPG

札幌の短い夏に

元気に咲いていたひまわり

鮮やかな黄色は褪せて

種が熟成されていきます

次世代に命をつなぎ

自分の役目を終えようとしている黒褐色のひまわりが

あちこちで満開のコスモスに支えられるように

顔をうつむかせて静かに咲いています

しかしその中で真夏と変わりなく

凛と咲くひまわりに目を奪われました

重たい花弁と種を

この細い茎でどうやって支えているのでしょう

日焼けした顔をさらにお日様に向け

まだ夏であることを

自分は夏の花であることをしっかりと自覚し

最期まで凛と咲こうとしているのでしょうか

自分の居場所、自分の役目、生き方を自覚し

懸命に生きる姿は美しいですね

人間もこうありたい

そう思わされたひまわりでした 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大好きな夏 [日記]

アジサイ.JPG

今日は海の日。

昨晩のしとしと雨の名残で午前中はどんより空です。

そう言えば

昨年の海の日もどんよりとしていたっけ。

本州では早々に梅雨明けしたけれど

この時期はやはり蝦夷梅雨なのでしょうか。

雨上がりの紫陽花が鮮やかな季節です。

春が来るのも夏が来るのも遅いのだから

秋も遅く来て欲しいものです[もうやだ~(悲しい顔)]

さて捻挫した足のむくみがようやく取れてきました[グッド(上向き矢印)]

24日(日)の日舞の発表になんとか間に合いそうでホッ[犬][グッド(上向き矢印)]

札幌の中島公園内、水天宮前で

花柳七智紫先生と共に6名で「さくら」を舞います。

昨年の桃の節句に施設で初舞いをした仲間に

若い方が一人加わりました[るんるん]

この会は

施設などでボランティアで踊る会として

「桃光会」と命名されたのですが

今回踊る水天宮の巫女様が

名づけて下さったそうなのです。

七智紫先生の心の支えとなっている方とのこと。

とても人望のある巫女様なのだそうです[ぴかぴか(新しい)]

まだまだつたないのですが

感謝の思いもこめて踊りたいと思います。

昨晩は先生宅で総練習をして

汗がたくさん吹き出ました[あせあせ(飛び散る汗)]

帰宅して浴びたシャワーの気持ちの良かったこと[exclamation]

これも夏の醍醐味です。

やっぱり夏が大好きです[晴れ]

桃光会.jpg
       「桃光会」





















nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

怪我をして思ったこと [日記]

bara.JPG

先々週の土曜日の朝

いつものように愛車びゅんびゅん号に乗っていると

目の前の信号にさしかかる直前に赤になったので

ちょっと悔しい!と思った隠れ自転車暴走族のrenrenは

取って返して左折に切り替えようと

強引に左ハンドルを切り華麗にUターンするつもりが

体制を崩してしまい自滅しました[あせあせ(飛び散る汗)]

ガシャ~ン

車道への段差も手伝って勢いよく転んだのでした。

とっさに身を守ろうとペダルから外した右足に

体重が・・・

グキリ[exclamation×2][がく~(落胆した顔)]

思い切りひねりながら転びました。

「い、痛い!」

右足がみるみる腫れてゆきます。

どくんどくんドクン

足首がいびつにふくらんでいきます。

うっすらと青みがかっていて

中で出血しているのがわかりました。

痛くて足がつけません。

ザザザ==

痛みで血が引いています。

けれど貧血をおこしている場合ではないので

ふらふらしながら気力をふりしぼり

3段階あるレベルを最高のハイパワーにして

左足でこいで近くの整形外科へ[ダッシュ(走り出すさま)]

見事に腫れ上がった足首を見て

「これはひどいね。多分靭帯をかなり痛めましたね。長くかかりますよ。1ヶ月」

との診断。

「三日間はアイシングして安静に。自転車は置いていっていいから

松葉杖で帰りなさい」


一度は素直に「はい」と答えたものの・・・

『待てよ・・・松葉杖で通院したらいつまでも自転車を持ち帰れないし・・・

電池が放電でもしたらますます乗って帰ることもできないし・・・』

と思ったので

「あのー、せ、先生・・・」

「自転車で帰りたいので松葉杖はいいです・・・」

「!?(@ @)・・・」

先生の目が一瞬、見開きました。

そのあと引いていくのがわかりました。

何を言ってるかよくわからないようでしたので

電動自転車であることと、左こぎだけで大丈夫なので・・・

と説明しました。

看護師さんがそのやりとりをハラハラと見ています。

「わかりました(● ●;) じゃやってみて下さい。無理だと思ったらすぐ戻ってきて」

呆れ顔でした。

そして、どうせすぐに戻ってくるだろうという顔でもありました。

病院内では車椅子でしたし、想像がつかなかったのでしょう。

さて、どうなったと思いますか?

たくさんの荷物を持ちながら慣れない松葉杖をついて帰るより

おそらく完全にビュンビュン号のほうが楽でした。

乗ってしまえば右足に体重がかかることはないのですから・・・

マンション前は車イス用のスロープがあり

エレベーターで移動し

玄関までびゅんびゅん号が荷台と杖代わりとなってくれました。

4LDKの我が家は

ほとんどが車椅子可能なフラット設計になっていて

玄関、お手洗い、浴室など要所要所に手すりがついているのですが

まともに歩けなかった三日間は

この設計にとても感謝しました。

元気な時には手すりの存在さえ忘れていたのですが。

さて後日、病院では皆に心配され話題になっていたことを聞き

赤面しました[ふらふら]

思っていたよりも治りが早くて安心しましたが

痛めた筋が戻るまではしばらくは痛みそうです。

しかし、こんな痛い思いも時には必要だと思いました。

小さな事故のお陰で大きな事故の予防になったような気がします。

会う約束をしていた友達や知人、仕事先には迷惑をかけてしまい[バッド(下向き矢印)]

少し落ち込みましたが・・・

心配してお見舞いに来てくれる友や知人

「もう歳なんだから!!」と叱ってくれた友人

仕事の様子や状況を電話で伝えてくれた先輩

DVDを借りに行ってくれた友など・・・

思いもよらず温かい気持ちに触れて

三日間、動けない間にいろんなことに気づきました。

自分はいろんな方や物に支えられているんだなぁと・・・[もうやだ~(悲しい顔)]

ということで

やっぱりおめでたく「いいこと探し」してしまうrenrenでした。

バラ紫.JPG




































































nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春が来た~でも寒い [日記]

ちゅーリップ横から.JPG チューリップ.JPG 
お隣の花壇に一本のチューリップが咲きました

アカシア公園桜.JPG
隣の公園に桜が咲きました

こぶし.JPG
力強いこぶしの蕾がふくらみます

連休明けから

あちこちに花が咲きようやく春がきました。

けれど・・・

寒いんです・・・

やっぱり寒い。

風が冷たい・・・

どうしてこんなに寒いんでしょうか[もうやだ~(悲しい顔)]

でも春は頑張ってますね。きっと。


一昨日届いた待望の電動自転車

「びゅんびゅん君」と名前をつけました。

なんと自転車なのにハイブリット車。

まず加速の速さに感動です。

ひとこぎするだけでびゅん~[ダッシュ(走り出すさま)]

小さい頃、自転車を後ろからグインと押してもらって

自分が百万馬力になった気分

あの感覚です。

安定走行時は節電モード。

下り坂では充電モード。

エコ仕様です。

たった20インチなのに

他の自転車をびゅんびゅん抜かす

素晴らしい加速力。

某サンヨー製品

デザインもかわいい。

かわいいけど頼もしいから

「びゅんびゅん君」なんです。

今年も雪が降るまでエコ通勤。

よろしくね[グッド(上向き矢印)]びゅんびゅん君。

2011母の日.JPG
写メで届いたマイピンからのカーネーション







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遅い春 [日記]

紅梅.JPG
                紅梅
3歩進んで2歩下がる・・・

ではなく5歩も10歩も下がってしまった低温が

また春を遅らせてしまいました。

札幌では円山公園も紅桜公園も

桜は蕾のまま・・・。

待ち望む気持ちが大きい分

この時期のまったは

とても長く恨めしく感じます。

札幌はいい街だけれど

もう少し春が早くきてくれれば申し分ないのに・・・[バッド(下向き矢印)][バッド(下向き矢印)]

毎年のことながら叶わぬ願いを抱きます。

renrenは4月から自転車通勤をしていますが

今もコートマフラー手袋は放せません[もうやだ~(悲しい顔)]

日中少し暖かくても夕方4時を過ぎると

やっぱり寒いのです。

「なんでこんなにいつまでも寒いのよ~~!?ぶつぶつ[ちっ(怒った顔)]

言ってもしょうがないことを

いちいち口に出しながら

ひたすらペダルをこぎます[ダッシュ(走り出すさま)]

「さむいさむいさむい[ダッシュ(走り出すさま)]

信号機で足止めをされるたびに恨み節です。

なぜならrenrenはとても寒がりだから[犬]

でも・・・春が遅いということは

桜を長く楽しめるということ[かわいい][かわいい][かわいい]

ようやく今日から天候も回復してきました。

いよいよ!ようやく!春![グッド(上向き矢印)]

長く寒い冬の後だからこそ格別なんです[かわいい][かわいい][かわいい]

今度は期待を裏切らないでよ。春くん[ー(長音記号2)][ー(長音記号2)][ー(長音記号2)]

かえる.JPG
       「春よこいkero 早くこいkoro」




























nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

白梅 [日記]

白梅.jpg

知人から

白梅の写メが送られてきました。

梅は春を告げる花

喜ばしいこと嬉しいことを先駆ける花とのこと。

驚きと悲しい思いで3月を過ごし

次々と広がる被害に声も出ない毎日でした。

逆に春が遠のいているかのような

非情な寒さと降りやまない雪に

さらに打ちのめされそうな思いでした。

それでも春はくるんですね・・・

自然は時には人間に牙をむき

非情であることを

思い知らされましたが

それ以上に

どれだけ人間は

自然から恩恵を受けてきたか

そしてこれからも。

そう白梅が語っているように思いました。

今年は花の見方が変わるような気がします。

どうか悲しみと苦しみの中にある方々に

神様の助けと慰めが格別にありますように・・・

















nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。